現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。, 北部の冷涼な気候から南部の温暖な地中海型気候まで、各地域ごとに異なる気候風土をもつのが大きな特徴です。, そのため栽培されるブドウ品種も多彩で、醸造されるワインの個性も変化に富んでいます。, 白ワインでは地場品種を使った「ソアーヴェ」、「アスティ」、「ガヴィ」といった銘柄が世界的に有名です。, イタリア産白ワインの爽やかでカジュアルなテイストとあいまって、国内外に多くのファンがいます。, 「ピエモンテ」「ヴェネト」「フリウリ」はイタリアのなかでもワインの特産地として代表的です。, ただ、イタリアはすべての州でワインが造られており、それぞれ個性豊かな地場産ワインがあることをお忘れなく。チャンスがあれば、ぜひ他の州のワインにもトライしてください。, アルプスの雪解け水と恵まれた地質のおかげで優れたブドウ品種が数多く栽培されており、トップクラスの質を誇るワインが生産されています。, ピエモンテ産ワインで特に有名なのは「バローロ」や「バルバレスコ」といった高級赤ワイン。, しかし白ワインだって負けていません。「ガヴィ」や「アスティ・スプマンテ」といった世界的にもメジャーな銘柄があります。, 水の都ヴェネツィア、街全体が世界遺産に指定されているヴェローナやヴィチェンツァなど、美しく歴史の豊かな都市がいくつもあり、世界中から多くの観光客が訪れる州です。, そんなヴェネト州はイタリア国内でもトップクラスのワイン生産地です。特に白ワインの生産量が豊富です。, 地場産ブドウのガルガーネガで造る「ソアーヴェは」、イタリアでは知らない人がいないほどの超メジャー白ワインです。, イタリア北東部、オーストリアとスロベニアとの国境に接しているフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(以下「フリウリ州」と略)。, ひと昔前までは、地元で消費する安いブレンドワイン一辺倒だったフリウリですが、フランスやドイツから国際品種や醸造ノウハウが持ち込まれたことで、単一品種や畑にこだわった付加価値の高いワイン造りが盛んになりました。, 今では「イタリア白ワインの聖地」と呼ばれるほど、イタリア産白ワインを語るのに欠かせない産地となっています。, ワインには味の違いを表す目安がいくつかありますが、白ワインで欠かせないのが「甘口か辛口か」という目安です。, 甘口は辛口よりも糖度が高いので、イタリアワイン初心者でかつ「甘いもの大好き!」という甘党の人は、まずは甘口の白から選び、その後少しずつ辛口寄りのボトルに挑戦していくと良いでしょう。, イタリア産の甘口白ワインには、「アスティ」や「モスカート・ダスティ」など、上質かつリーズナブルな白ワインがたくさんあるので、ぜひ一度お試ししてみてください。, 辛口の白は素材の持ち味や料理の繊細な味付けを消さないので、さっぱりとした魚介料理、だしを効かせた日本料理、白身魚の寿司などにマッチさせるには最適です。, イタリア産の辛口白ワインには、のちほど紹介する「ピノ・グリージョ」「ガヴィ」「ソアーヴェ」と逸品が揃っているので、予算の許す限りいろいろ試してみると良いでしょう。, イタリア産の白ワインは、お手頃価格なのに質の高いワイン、つまりコスパの優れたワインがめじろ押しです。, 2,000円前後のテーブルワイン価格でも「アスティ・スプマンテ」「ガヴィ」「モスカート・ダスティ」「ソアーヴェ」といったとびっきりの白ワインが楽しめます。, もちろんデイリーワインだけでなく、上位の価格帯にも素晴らしいワインがたくさんあります。, 懐具合と相談しながら少しずつグレードアップさせていけば、特別な一夜のためのワインや大切な人への贈り物にも使える最高の一本に出会えるはずです。, 「ソアーヴェ」はイタリア国内外で高い人気を誇る白ワインです。しかし、もともとは地元ヴェネト州で消費されるありふれたワインでした。, そんなソアーヴェの品質向上に一役買ったのが、ヴェネトの名門ボッラ社。地場品種ガルガーネガのポテンシャルを最大限引き出し、どんな料理にも合う軽快なワインに磨きあげました。, イタリアの高級赤ワイン「バローロ」でその名が知られるピエモンテの名門、フォンタナフレッダ社。19世紀末にイタリア初代国王の子息が設立した由緒あるメーカーです。, 「ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ」とは「ガヴィ村で造られたガヴィ・ワイン」という意味。郷土へのゆるぎない誇りを冠したこのワインは、地場品種コルテーゼ100%で醸造しています。, 梨やグレープフルーツを思わせるフルーツ感たっぷりのアロマ、綺麗な酸がのどに気持ちいい辛口ワインです。, フリウリ州の小さなワイナリー、ディ・レナルド。伝統的なワイン造りに固執せず、現代的なテクノロジーを導入しながら高品質なワインを少量生産しています。, 「トォー!」とはイタリア人がなにかに驚いた時に思わず発する言葉だそう。地場品種フリウラーノ100%が生み出す新鮮な果実味とマイルドな口当たりが魅力の一本です。, ガンチア社は1865年からスパークリングワインを醸造している歴史あるブランドです。2000ヘクタールという広大なブドウ畑を所有し、年間2500万本ものスパークリングワインを造っています。, アスティらしい甘い口当たりは、原料品種モスカート・ビアンコに由来するもの。一口含めば爽やかな炭酸ガスの膨らみに乗って、口いっぱいに華やかな香りが広がります。, イタリア国内で国民的人気を誇るブランド「タヴェルネッロ」。日本人でいうと「キリン一番搾り」や「アサヒスーパードライ」のような存在です。, メーカーのカヴィロ社の特徴は、特定の地域に根付いてワイン造りをするのではなく、全州に点在する農業協同組合に生産を委託していること。良質なワインを大量生産することで世界的なワインメーカーに成長しました。, そんなタヴェルネッロのラインアップのなかでも、「ピノ・グリージョ」は安価で美味しいテーブルワインとして大人気です!, とはいえ決して浅薄な味わいではなく、味・香りともにボリューム感があるのが特徴です。チーズやオリーブオイルをたっぷり使った料理に合わせるとバランスの良いペアリングになります。, 大衆ワインのイメージが強いソアーヴェ。しかしその名称に「クラシッコ」がつくと、生産エリアが限定された特別のソアーヴェにランクアップします。, ソアーヴェ・クラッシコ・カルヴァリーノの原料は、地場産のガルガーネガやトレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ。ミネラル分に富んだソアーヴェ・クラシッコの畑で栽培されるためか、濃厚な旨味を感じる辛口ワインに仕上がります。, 「モスカート」はマスカット、「ダスティ」は「アスティの」という意味。アスティ地区で獲れるマスカット種を使ったワインはすべて「モスカート・ダスティ」と呼ばれます。マスカットの甘くふくよかな果実味が魅力の微発泡性白ワインです。, 実はこのモスカート・ダスティの発泡性をさらに強化したスパークリングワインが、先に紹介した「アスティ・スプマンテ」。両者は発泡性の強さが違うだけの兄弟ワインなのです。, 「炭酸で口のなかをさっぱりしてくれる白を探しているけど、強い発泡は苦手」という方は、アスティよりモスカート・ダスティを選ぶと良いでしょう。, 「ローマに通じる道」という意味の銘柄、ヴィエ・ディ・ロマンス。トロピカルなアロマとエレガントな酸味が深い場所で共存する逸品です。, 「故ヨハネ・パウロ二世が自分だけのヴィエ・ディ・ロマンスを特別にオーダーしていた」「ロバート・デニーロがパーティーを開くときはいつもヴィエ・ディ・ロマンスをケース買い」…そんなエピソードの端々からも、このワインの偉大さを知ることができます。, 黄金色に輝くボトルパッケージが印象的なボッテガ社のゴールド。ヴェネト州の地場品種グレーラを使って造る発泡性ワイン「プロセッコ」の上位銘柄です。, 世界各地の国際空港でイタリア土産として販売されているので、海外旅行によく出かける方なら目にする機会の多いワインではないでしょうか?, パッケージの華やかなイメージだけが先行しがちですが、もちろん中身も立派なもの。バナナやりんごの甘さ、ほんのり控えめに主張する高貴なアカシアの香りが渾然一体となり、飲む人を幸せにしてくれるワインです。, どんな料理にも合う万能ワイン チェレット社の特徴は、所有する畑ごとに醸造所を作り、各品種の育成条件に適した醸造を行うこと。こうすることで、伝統的な醸造法と最新設備を使った現代的な醸造法を無理なく共存させることに成功しています。, チェレットのモスカート・ダスティは、ほのかな甘さと軽やかな炭酸が魅力的な、合わせる料理を選ばない万能選手。アルコール度数5.5%と飲みやすいので、デザートワインにも最適です。, カンテ社の信条は「土地が持つポテンシャルを最大限表現する」ということ。フリウリ州の限られた場所でのみ栽培される希少品種ヴィトヴスカには、フリウリの風土がもたらした豊かな水と空気と養分がつまっています。, 南国フルーツのねっとりとしたアロマ、柑橘系フルーツの爽やかな果実味に、ハーブ感やミネラルが加わった重層的なワインです。, 泣く子も黙る高級赤ワインで有名なイタリアワインの名門ワイナリー、ガヤ。1600年代にスペインからピエモンテに移住したガヤ一族は、1859年から5世代に渡りワインを造り続けています。, カベルネやシャルドネといった国際品種を積極的に採用したり、ピエモンテで初めてフランス産の樽を使ったりするなど、伝統にこだわらない革新性でも知られています。, そんなガヤの手がける「ロッシィ・バス」は、3つの品種をブレンドした白ワイン。白桃や白バラを想起させる繊細な甘い香り、深みのあるミネラル感、美しい酸が織りなす調和が見事な一本です。, メーカーのリス・ネリス社は、フリウリ州で1800年代後半からワイン造りをしている名門ワイナリーです。, 大胆に剪定し、収穫量を抑えることで完熟したブドウは、樽でアルコール発酵させた後、11ヶ月間さらに同じ樽で熟成。, ピノ・グリージョ、シャルドネ、ソーヴィニヨンそれぞれのポテンシャルを最大限引き出すべく造られた「リス」は、単なるフレッシュさや果実味だけでなく、ハーブやセロリのアロマも感じられる、複雑でボリュームのある白ワインです。, マクラン社といえば甘口ワイン。のちほど紹介する「アチニノービリ」はその象徴ですが、この「トルコラート」も、辛口で知られるイタリアのワイン専門誌から「イタリア甘口ワインの最高峰」と賞賛されるワインです。, 原料はヴェネト州の地場品種ヴェスパイオーラ。甘い芳香に惹きつけられてミツバチが群がるほど高い糖度で知られるブドウです。, 蜂蜜のとろけるような甘み、干しアンズのやや酸味をおびた高貴な香りに満たされたトルコラート。大切なひとときを共にするにふさわしい、とっておきのデザートワインです。, 「バルバレスコの雄」と称されるラ・スピネッタ社。当主は「どんなにワイナリーが育っても、わたしは農夫であり続けたい」と語る現代のカリスマ、ジョルジョ・リヴェッティ氏。, パッシート・オーロは、陰干しした地場産マスカットを使い、すべての発酵過程をオーク樽のなかで行います。2年間の熟成を経て出荷されるころには、とろりとしたふくらみのある甘み、柑橘系のアロマと品の良い控えめな酸が感じられる上品な甘口白ワインに。, ピエモンテ、ヴェネト、フリウリ以外にも素晴らしいワインがあります。ここでおすすめする「リゼルヴァ・デル・フォンダトーレ」の産地はトレンティーノ=アルト・アディジェ。スイスやオーストリアに隣接するイタリア最北端の州です。, 最低でも10年間は熟成させるというこのワインは、花々のエキスを注いだような芳醇な香りのなかに、ナッツを想わせる繊細な香ばしさが潜んでいます。, 「キング・オブ・スプマンテ(スパークリングワインの王様)」と名高いジュリオ・フェッラーリが手がけた、極上のスパークリングワインです。, クエルチャベッラ社はトスカーナ州のメーカーです。トスカーナ州は生産量の8割が赤という赤ワイン王国ですが、白ワインにも見逃せない銘柄があります。シャルドネ50%、ピノ・ビアンコ50%をブレンドしたバタールはその筆頭です。, バタールの特徴は「バリック」という小型のオーク樽で熟成させること。小型のオーク樽を使うと、樽の香りやタンニンがワインに溶け出します。熟したアプリコットやトーストの香りに樽香とタンニンがブレンドされた、分厚く力強いボディのワインです。, 生産者エミディオ ペペは有機栽培のブドウでワインを造る生産者。 果実は昔ながらの方法で足で踏んで果汁を得ます。トロピカルフルーツのような果実味、豊かな酸とほんのりとした塩気が感じられます。 たっぷりレモンを絞った魚介のカルパッチョなどと相性が良いです。, 「高貴な腐敗」として珍重されるブドウをご存知ですか?「ボトリティス・シネリア」という菌がブドウの果皮に付着すると、糖度や香りが極端に増幅するブドウに化けます。このブドウを使って醸造するワインを「貴腐ワイン」と呼びます。, イタリアを代表する貴腐ワインが、マクラン社のアチニノービリ。アルコール発酵ののち、2年間の樽熟成と1年間の瓶内熟成を経て、ようやくリリースされるという労作です。, コンテルノ家といえばイタリアの高級赤ワイン「バローロ」の醸造で有名ですが、アメリカ大陸に暮らしていた当時の縁もあって、1920年代初頭からアメリカにワインを輸出するなど、イタリアのワイナリーとしては異色の存在です。, そんなコンテルノが造る「ブッシアドール・ランゲ・シャルドネ」は、同社のラインアップの中で唯一の白ワイン。シャルドネ種で醸造したワインをオーク樽で1年、瓶内で数ヶ月熟成させたのち出荷されます。, 透明感あふれる黄金色、柑橘系のすっきりとした果実味に、セージのような個性の強い香辛料の香り、そして樽熟成で加わるバニラやミルクの風味。まさに白ワインの優等生と呼びたくなるような至高の一本です。, イタリア産白ワインの世界をほんの少しだけご紹介しましたが、いかがでしたか?産地・味・価格とそれぞれの選び方によって、多彩な個性に出会えるのがとても楽しいですよね。, 「すっきり爽やか」「カジュアル」といったステレオタイプにとらわれることなく、イタリア産白ワインの世界に思い切って飛び込んでみましょう。, フランス産ワインにも決して負けない、奥行きのあるワインの醍醐味に触れることができますよ。, ワインの基礎知識から、イタリアワインについてもっと詳しく学びたい方はコチラがおすすめ。, リグーリアはイタリア北西部に位置する州です。 オリーブオイルの産地としても知られており、これは郷土料理にも多く使わ, トスカーナはピエモンテと並び、イタリアを代表するワイン醸造地のひとつです。 伝統的な産地ながら格付けにとらわれない, フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアは、イタリアを代表する白ワインの銘醸地として知られています。フレッシュな辛口の味わ, ラツィオは生産量の8割が白ワインが占める、白ワインの名産地です。 代表的な「フラスカーティ」、「エスト!エスト!!, ワイン大国イタリアの中で、生産量1位を誇るのがヴェネトです。 特に、白ワインがその約70%を占める白ワインの名産地, シチリアは、ヴェネト、プーリア、エミリア・ローマニャと産出量No.1を常に争っているワインの名産地。 生産量の60, イタリアで第2のワイン生産量を誇るプーリアのワインは、すっきりとした辛口ワインが代表的。軽やかな飲み口で料理にも合わ, イタリアは、近年フランス・スペインとともに世界屈指のワイン生産国の一角を占めているワイン大国です。 州ごとの個性が, エミリア・ロマーニャは、イタリア北部の美食の地として名高い州です。 日本人にも馴染み深いボロネーゼ・パスタを始め、, トスカーナに並ぶ高級ワインの産地であるピエモンテ。 赤ワインのバローロやバルバレスコが有名ですが、高品質な白ワイン. 地中海のほぼ中心に位置するイタリア最大の島。気候も多種多様。ここで生産される75%が白ワイン。土着品種に加え、国際品種の栽培も行われています。 docg:1(2013年10月現在) チェラスオーロ ディ ヴィットリア 南イタリアワインの美味しさを感じるスタンダード 赤ワイン3本・白ワイン3本. 白ワインは、品種により、香りと味わいがある程度決まります。品種ごとの主な香りと味わいを頭に入れておくと、好みやシーンに合ったワインを飲むことができます。 シャルドネ:フランスのブルゴーニュが原産で、世界中で生産されているブドウ品種です。トロピカルフルーツの香りが感じられます。冷涼な地域で育った 北部の冷涼な気候から南部の温暖な地中海型気候まで、各地域ごとに異なる気候風土をもつのが大きな特徴です。 そのため栽培されるブドウ品種も多彩で、醸造されるワインの個性も変化に富んでいます。 白ワインでは地場品種を使った「ソアーヴェ」、「アスティ」、「ガヴィ」といった銘柄が世界的に有名です。 イタリア産白ワインの爽やかでカジュアルなテイストとあいまって、国内外に多くのファンがいます。 最高級赤ワインとされるイタリアワインの王様バローロやイタリアワインの女王様バルバレスコはこの品種から作られます。土壌と日当たりなどの栽培条件がきわめて難しい品種ですが、栽培に適した畑では長命で偉大な高級ワインとなります。 カベルネ・ソーヴィニヨン Cabernet Sauvignon イタリア中部マルケ州から地品種ペコリーノを使った濃厚な白ワインが入荷。 樽熟成だけどエレガントな風味、豚肉と合わせると最高! 飲み飽きない【白】! シャルドネ(Chardonnay)は、白ワインをつくるぶどう品種のなかでも最もメジャーな品種です。フランスのブルゴーニュ地方が原産ですが、今日ではアメリカ、オーストラリア、イタリア、チリ、南アフリカなど、世界各国で栽培されています。 赤ワイン 白ワイン ロゼワイン スパークリングワイン 甘口ワイン グラッパリキュール マップポスター ギフト ヴェルナッチャやマルヴァジアなどのイタリアのポピュラー品種から、シャルドネやソーヴィニヨンなどの国際品種まで。 5,980円 税別. 一口に白ワインと言っても、甘口や辛口、そしてイタリアやフランス産など本当に種類が豊富なのが現状です。ここでは、あまり白ワインに詳しくない人でも、おいしい白ワインを選ぶ時の3つのポイントと、おすすめの白ワインを16本お届けしていきます。友人へのプレゼントや女性が飲みやすいワインまで揃えました。 イタリアは、生産量・海外輸出量共に、お隣のフランスと世界第1位・2位を争うワイン王国。全国20あるすべての州で、ワインが作られています。土着品種と呼ばれるオリジナルのブドウ品種も数千を数えるイタリアワインは、そのバリエーションの豊富さが魅力。 白ワインを代表する品種なだけあり、様々な料理と合わせることができます。ここでは豆の甘さにコクのあるチーズをたっぷり添えたグリーンサラダをご紹介します。 ・エメラルドサラダ. ひと口にイタリアワインといっても、ブドウの品種や栽培方法、ワインの醸造方法は産地によってそれぞれ異なります。 今回は、イタリアワインの多彩な魅力についてご紹介します。 【目次】 1. フォローする. イタリアは現在約4,300万hlのワイン生産量を誇り、ライバルのフランスと、毎年、世界の一位二位を争います。それもそのはず、ブーツ型の半島をした国土のほぼ全域が、「地中海性気候」といって、乾燥した日照の多い気候タイプで、ブドウにとっては好ましいものだからです。 ワインを知って世界を広げよう. クティッツィ グレコ ディ トゥーフォ 2018年 フェウディ ディ サン グレゴリオ元詰 750ml イタリア 白ワインの通販できる商品のページです。dショッピングはドコモが運営する総合通販。 白ワイン、などお得な商品を取り揃えております。 ドコモ払いとdポイントが使えます。 フランスのアルザス地方では、辛口の白ワインになることが多い品種ですが、イタリアでは「モスカート・ビアンコ」と呼ばれる、主に甘口のスパークリングワインにもなります。 また、酒精強化ワインに使われることも多い品種です。 関連記事. そこで今回、ソムリエがイタリアの白ワインの基礎知識から選び方、おすすめの白ワインまでご紹介します!, 歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 1本あたり997円(税別) 数量. イタリアワインで初めてパーカーポイント100点を獲得したワイナリー。その顔とも言えるスーパータスカン「サッシカイア」は、『ワインエンスージアスト』誌にて歴代最高評価の99点を記録、2016年には『ガンベロ・ロッソ』誌で最高評価トレ・ビッキエリを獲得した。 [関連記事]テヌータ・サン・ … ヴェネト州を代表する白ぶどう品種で、ソアーヴェの原料として有名。 レモンやグレープフルーツのような柑橘系の爽やかな香りに加え、若干のスパイスを感じます。魚料理が多い日本で根強い人気があります。 また、酸が強く、長期熟成にも耐えられるため、高級甘口ワインの原料にも使われます。 >… 白ワインのぶどう品種一覧 シャルドネ(Chardonnay) 「白ブドウの女王」とも呼ばれ、世界中で栽培されている白ブドウの代表品種。 品種による香りはおとなしい。 熟成にともない色調は黄色に変化し、 酸味と果実味が落ち着いてもったりとした味わいになる。 ワインの特徴. 白ブドウ。イタリア、シチリア島の地品種。しばらく忘れられていた品種らしかったのですが、シチリア・ワインルネッサンスとも言われる今日、テロワールを主張する白ワイン用品種の一つとして注目され、栽培も増えているという。 現在ではイタリア全土で栽培され、この品種から造られるワインの数はイタリアで最も多い。 又、その種類も多く、主なものは、 モスカート・ビアンコ(Bianco)、モスカート・ジャッロ(Giallo)-この2つは白葡萄-、モスカート・ローザ(Rosa)-黒葡萄-。 イタリアワインの特徴は、一言でいうと「多様性」です。南北に伸びるブーツのような地形であるイタリアは温暖な気候で太陽の光も存分に浴びられるため、全土がワイン造りに適した土地となっています。 金賞入り!品種飲み比べイタリア白ワイン6本セット 醸造家リッカルドの故郷ウンブリア州からスタッフも絶賛! タカムラ ワイン ハウスでは、ボルドー ブルゴーニュ イタリア ドンペリ を始めシャンパンなど多数、お探しの 赤 白 ワイン、きっと見つかります! 年末の配送は、混雑が予想されます。 早めのご注文をオススメします。 年末年始のご案内. バローロ、キャンティなどイタリアのワインの通販ならワインショップソムリエにお任せ!ワインショップソムリエは、直輸入・直販のネットショップ。フランス・ボルドー・シャンパン等ワイン通販ならプロのソムリエがいる当店にお任せください! その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 お気に入りに追加. イタリア中部で生産されている、羊のチーズという意味のワイン「ペコリーノ」。料理に対しては控えめではありながら、白ワインの味がしっかりと口の中に残る一品です。もともとは羊に食べさせるブドウから作ったというのですから驚きです。 Delivery charge 660 yen (726 yen tax included), 名門アンティノリがプーリアで造る魚介料理とも合う上質なシャルドネ。潮風を感じる清々しい味わい。, 「イタリアNo.1生産者」に輝くワイナリー、アレグリーニ。ガルガーネガとシャルドネをブレンドした、深みのあるソアヴェ。, 名門アンティノリが贈る夏のワイン。暑い夏の日にぴったりな、瑞々しいアロマと爽やかな飲み口が魅力。, バローロ、バルバレスコの名門が手掛けるピエモンテ最上級の辛口白ワイン。華やかさとコクを兼備した上質な1本。, バルバレスコで名声を得たモッカガッタ兄弟が造る白ワイン。著名な評論家もコストパフォーマンスの高さを認める華やかな果実味が印象的な1本。, テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。酸味と甘み、苦味が絶妙に調和した、ピエモンテ最上級の辛口白ワイン。, 国内外で高評価を受ける家族経営の名門。しっかりとしたボディとシャープな酸が特徴。ミネラル溢れる、繊細で香り高い白ワイン。, 著名な評論家や専門誌が惜しみない賛辞を贈る「モスカートの巨匠」が造る、辛口リースリング。豊かな果実味と美しい酸が魅力。, 著名な評論家や専門誌が惜しみない賛辞を贈る「モスカートの巨匠」が造る、豊富な果実味とほのかなトースト香が心地よい辛口白ワイン。, 偉大な名門アンティノリ家が手掛ける人気ブランド、サンタ・クリスティーナのピノ・グリージョ。華やかな香りとフレッシュな味わい。, イタリアの偉大な名門、アンティノリ家が手掛ける人気ブランド、サンタ・クリスティーナ。フレッシュで爽やかな口当たりの中甘口ワイン。, 名門アンティノリが造る、爽やかな白ワイン。キリッと冷やして飲みたい、豊かな香りにスムースな飲み心地が魅力。, 世界的に有名な白ワイン、チェルヴァロ・デラ・サラの弟分ワイン。生き生きとした果実味がありながらも、複雑味を含んだ上質な味わい。, ウンブリア州最大規模のワイナリー、トゥデルナム。イキイキとフレッシュな果実味溢れる、 食事と合わせてこそ美味しい軽やかな白ワイン。, 名門アンティノリがウンブリア州で手掛ける、土着品種を活かした白ワイン。芳醇さと爽やかさのグッドバランス。, 独創性と品格の良さ、優雅さをモットーにワイン造りを行うシチリア島のワイナリー。土着品種を使った、芳醇なアロマと果実感溢れる飲み口が魅力。, 独創性と品格の良さ、優雅さをモットーにワイン造りを行うシチリア島のワイナリー。シャルドネとヴィオニエの融合が生む、アロマティックな味わい。, 専門誌から高い評価を受けるサルデーニャの実力派が引き出す、新たなるヴェルメンティーノの魅力。アロマ際立つ洗練の辛口。. シャルドネ(Chardonnay)は、白ワインをつくるぶどう品種のなかでも最もメジャーな品種です。フランスのブルゴーニュ地方が原産ですが、今日ではアメリカ、オーストラリア、イタリア、チリ、南アフリカなど、世界各国で栽培されています。 ヴェルメンティーノの概要 ヴェルメンティーノは、ブドウ品種で、 ・イタリアのトスカーナ州 ・サルデーニャ島(イタリア半島西方、コルシカ島の南の地中海に位置するイタリア領の島) ・フランス南部 ・コルシカ島(イタリア半島の西に位置するフランス トレッビアーノという品種をご存知ですか?イタリアワインが好きな方なら飲まれたこともあると思いますが、なんと世界で2番目に多く栽培されている主要なブドウ品種なんです!フランスでトレッビアーノは、白ブドウの栽培面積は1位で、イタリアでも1位~2位と主要な品種。 いろいろな種類のある白ワインですが、香りと味わいを知ることによって、好みの白ワインを選ぶことができるようになります。スーパーで、ワインショップで、レストランで、知っていると役立つ白ワインのフレーバーをご紹介します。白ワインの香り白ワインの香 クティッツィ グレコ ディ トゥーフォ 2018年 フェウディ ディ サン グレゴリオ元詰 750ml イタリア 白ワインの通販できる商品のページです。dショッピングはドコモが運営する総合通販。 白ワイン、などお得な商品を取り揃えております。 ドコモ払いとdポイントが使えます。(品番:0360219002003784)商品説明: クティッツィ イタリア白ワインの黄金比率で醸されたカラブーリア産白ワイン「クリトーネ」。 文句なしにワインだけで楽しめます。でも、和食との愛称も良いので、ぜひ一度はお楽しみくださいね! 〈Francesco〉からひと言 . 白ワイン用のブドウ品種にはくさんの種類があります。世界中で栽培されているブドウ品種もあれば、各地域独特の品種もあります。今回はワイン選びのひとつの指標になる、代表的な品種をご紹介します。特徴をおさえて、ワイン探しに役立ててください! イタリアは、生産量・海外輸出量共に、お隣のフランスと世界第1位・2位を争うワイン王国。全国20あるすべての州で、ワインが作られています。土着品種と呼ばれるオリジナルのブドウ品種も数千を数えるイタリアワインは、そのバリエーションの豊富さが魅力。各地で個性的なワインに出会えます。レストランで、エノテカ(ワイン専門店)で、そしてワイナリーで。 白ワインに使われる代表的なブドウ品種とは. 白ワインで使用される代表的なブドウの種類をご紹介します。 代表的な白ブドウ品種 シャルドネ(Chardonnay) ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc) リースリング(Riesling) ワイン好きなら知っておきたい白ブドウ品種 セミヨン(Semillon) ミュスカデル(Muscadelle) イタリアでは伝統的に地場品種のブドウを使ったワインが大切にされており、個性的でバラエティー豊かなイタリアワインには、こうした地域ごとに栽培される地場品種の存在が大きいと言え … ボルドーとの違いは、すべて単一品種で造られている点。白ワインなら「シャルドネ」というブドウ品種を使用しています。代表的な銘柄としては「モンラッシェ」や「ムルソー」など。ゴールドカラーが美しく、力強い味わいが特徴です。 トスカーナ. 白ワイン: サイズ: 750ml ~ 生産地: > イタリア > ピエモンテ: 説明: テロワールと品種の個性を忠実に表現するピエモンテの家族経営ワイナリー。酸味と甘み、苦味が絶妙に調和した、ピエモンテ最上級の辛口白ワイン。 2,000種を超えるとも言われているイタリアの土着品種。それゆえ複雑でつかみどころがありません。本コースはそのイタリア土着品種の多様性について深く掘り下げた資料を、その月のテーマ品種のワインと共にお届けいたします。 白ワインで使用される代表的なブドウの種類をご紹介します。 代表的な白ブドウ品種 シャルドネ(Chardonnay) ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon Blanc) リースリング(Riesling) ワイン好きなら知っておきたい白ブドウ品種 セミヨン(Semillon) ミュスカデル(Muscadelle) 白ワインに使用されているブドウ品種は「白ブドウ」と呼ばれています。これは皮を向いた時の実の色を指し、実際には少し緑がかった半透明ですが、白と表現 … 白ブドウ。イタリア、シチリア島の地品種。しばらく忘れられていた品種らしかったのですが、シチリア・ワインルネッサンスとも言われる今日、テロワールを主張する白ワイン用品種の一つとして注目され、栽培も増えているという。 リボッラ・ジャッラ (Ribolla Gialla) は、主にイタリアのフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州およびスロベニア西部で栽培されている白ワイン用ブドウ品種である。19世紀以降1990年代まで栽培は減少の一方だったが、21世紀を迎えてから人気が復活した。 フランスと共に、ワインの一大名産地として知られているイタリア。 パスタ、ピザなどのイタリアンと共に楽しむイタリアワインは最高に美味しいですよね! 「自宅でもイタリアワインを楽しみたい!」そんな方に向け、今回は人気イタリアワインのTop10と選び方のコツをご紹介していきます。 イタリアワインの特徴とは? 白ワイン用のぶどう品種で、イタリアのほとんどの州で栽培されています。 明るいグリーンイエローの実で、果汁の粘性が少ないのが特徴。 家庭でカジュアルに楽しむデイリーワインに使用されることが多 … ワインおすすめ. 2019/1/6 2019/1/13 ワインおすすめ. イタリア中部で生産されている、羊のチーズという意味のワイン「ペコリーノ」。料理に対しては控えめではありながら、白ワインの味がしっかりと口の中に残る一品です。もともとは羊に食べさせるブドウから作ったというのですから驚きです。 北イタリアワインとの違いを是非感じ取ってもらえればと思います。 大人のワイン情報局. Copyright © sakecomi.com All Rights Reserved. イタリアは世界最大のワイン生産国。国際ぶどう・ワイン機構(OIV: International Organisation of Vine and Wine)によれば、2014年こそ首位の座をフランスに明け渡したが、2016年のイタリアにおけるワインの生産量は4万8800hL(ヘクトリットル)。 2位のフランスは4万1900hLで、3位のスペインは3万7800hLだ。. オルヴィエート・クラシコ初登場! フランス・アルザスやドイツ、イタリアといったヨーロッパ産地に加え、アメリカのオレゴンで、白ワインの代表的な品種になっています。 アルザスでは、甘口ワインとしても素晴らしいワインを産み出し … フランスと共に、ワインの一大名産地として知られているイタリア。 パスタ、ピザなどのイタリアンと共に楽しむイタリアワインは最高に美味しいですよね! 「自宅でもイタリアワインを楽しみたい!」そんな方に向け、今回は人気イタリアワインのTop10と選び方のコツをご紹介していきます。 カートに入れる. イタリアにトラミナーという白ワイン用ブドウ品種があります。トラミナーは、イタリア・南チロル地方の村Traminに由来するとも言われていますが、そのルーツはよくわかっていません。しかし、長い歴史を持っているブドウ品種の一つです。これから分かれたブドウ品種は、世界的に人気があり、多く植えられています。 白ワイン用のブドウ品種にはくさんの種類があります。世界中で栽培されているブドウ品種もあれば、各地域独特の品種もあります。今回はワイン選びのひとつの指標になる、代表的な品種をご紹介します。特徴をおさえて、ワイン探しに役立ててください! イタリアワインの基礎知識 Photo by Shutterstock イタリアワインの特徴. 全世界のワイン生産量1位の国「イタリア」。イタリアではワインは「水より安い」といわれるくらい国民的な飲み物。さまざまな種類のワインを楽しめるんです!今回はそんなイタリアワインの人気の理由とオススメのイタリアワインをご紹介します! Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All right reserved. イタリアワインの代表的な産地 3. 白ワインのぶどう品種一覧 シャルドネ(Chardonnay) 「白ブドウの女王」とも呼ばれ、世界中で栽培されている白ブドウの代表品種。 品種による香りはおとなしい。 熟成にともない色調は黄色に変化し、 酸味と果実味が落ち着いてもったりとした味わいになる。 白ワイン用のぶどう品種で、イタリアのほとんどの州で栽培されています。明るいグリーンイエローの実で、果汁の粘性が少ないのが特徴。家庭でカジュアルに楽しむデイリーワインに使用されることが多いぶどうです。 タカムラ ワイン ハウスでは、ボルドー ブルゴーニュ イタリア ドンペリ を始めシャンパンなど多数、お探しの 赤 白 ワイン、きっと見つかります! ... 白ワイン ├ ~1,000円まで ... ワインの品種って難しい・ … カートに入れる. イタリアワインの魅力の1つは、土着のぶどう品種を生かした多様性にある。 イタリアワインの特徴 2. 皆様初めまして。マーウェル・インターナショナル (MARWELL) と申します。 イタリアワインを輸入している神戸の商社で、日本で他社での取り扱いのない、主に家族経営ワイナリーのワインを販売しています。 白ワインと一口に言っても、その種類は様々。 どんなブドウを使っているかで味わいも変わります。 白ワインは辛口目の多い赤ワインとは違い、辛口から極甘口まで様々なバリエーションのワインがあります。 ワインに馴染みのない人でも、必ずフィットするよ ホーム; ワインおすすめ; ホーム. 白ワインと一口に言っても、その種類は様々。 どんなブドウを使っているかで味わいも変わります。 白ワインは辛口目の多い赤ワインとは違い、辛口から極甘口まで様々なバリエーションのワインがあります。 ワインに馴染みのない人でも、必ずフィットするよ 白ワインに使われている主なブドウ品種は白ブドウと呼ばれます。黄緑色や灰色がかったピンク色(グリ)の果皮を持ち、果実味や酸味のバリエーションの豊富さが特徴です。 ワインの種類ってどんなのがあるの?【初心者のためのワイン入門編】 こんな方におすすめの記事です ワインっていろ� 白ワインの原料となるブドウ品種ってどんなものがあるのでしょうか?また、ブドウによって味や特徴が変わってくるのでしょうか?本記事ではこのような疑問にお答えしています。 お気に入りに追加. 2,000種を超えるとも言われているイタリアの土着品種。それゆえ複雑でつかみどころがありません。本コースはそのイタリア土着品種の多様性について深く掘り下げた資料を、その月のテーマ品種のワインと共にお届けいたします。 イタリア固有のブドウ品種ではないカベルネソーヴィニヨンやメルローなどを使う場合もあるため、格付け上はテーブルワインやi.g.p.という格付けにはなりますが、その品質の高さが世界中で話題となり、 今ではスーパータスカンは高級ワインとしてその名を馳せているんです。 イタリアワインで Salute!!. 土着品種の宝庫!イタリアワインにもっと詳しくなる! 2019.05.15; ワインを学ぶ; エノテカ編集部; アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました。 品種飲み比べイタリア白ワイン6本セット 5,980円 税別. 品種ごとの白ワインの主要なフレーバー . 北イタリアワインとの違いを是非感じ取ってもらえればと思います。 ... 今回は、フランスの白ワイン品種を6種類紹介します。 この記事で白ワイン品種6種類の特徴を覚えて、自分好みの品種を見つけていき …

1週間 ダイエット 激痩せ, おからパウダー 豆腐 ケーキ, 夏らしい 服 英語, ジブリ 英語 無料動画, If 複数条件 Vba, ライトノベル レーベル 特徴, サクラ楽器 ベース 評判, イタリア ワイン チーズ,