改正案の「携帯電話を手で保持して通話し」を「単に携帯電話用装置を自転車の運転中は手に持ってはならない。」とする。 といった御意見がありました。 この「単に自転車運転中に携帯電話を手に持ってはならない」とする御意見につきましては、本規則で定める運転者の遵守事項が、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため相当と認められる行為であることが必要であることから、携帯電話等を単に手で持っているのみでは、直ちに交通 … 「自転車は免許もないし、罰金とかないでしょ?」 と思われる方もいるでしょう。 でも残念ながらあるんです。 自転車は、車両(車)扱いなので、違反行為をしてしまうと、 罰金としてお金を支払わなければいけないこともあります。 「でも、片耳にイヤホンつけるくらいなら大丈夫でしょ 本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。 イヤホン(ヘッドホン、ヘッドフォン、イヤホーン、イヤフォン)などをして自転車を運転することが禁止されているかどうかについては、実は法律には規定されていません。 正解(1)自転車に乗りながらイヤホンで音楽を聴く行為は、法的には正しくない 道路交通法などの法律では自転車走行時のイヤホン装着についての規制はありません。 しかしながら、各都道府県の条例などによって規制があります。 自転車の安全な利用と自転車事故の防止を図るため、平成29年4月1日 から「福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されます。交通ルールとマナーを守り自転車を安全に利用するとともに、万一に備え自転車損害賠償保険に加入しましょう いつぐらいからか知りませんが、自転車での耳にイヤホンをつけたままの走行は、道路交通法違反になったはずです。これは片耳でも、イヤホンをつけていたら道路交通法違反になるのでしょうか?よろしくお願いします。 - その他(法律) 解決済 | 教えて!goo とはいってもイヤホンをしながら自転車を運転する事は、自分にとっても周りにとっても危険な行為なので法律で定められてなくても自粛した方がよいでしょう。 イヤホンしながらの自転車走行は事故に注意!過失割合は? イヤホンを使いながら自転車に乗るのは禁止だと聞いていますが、それなら耳をふさがない骨伝導イヤホンならよいのでしょうか? まずは法律ではどう書かれているのかをみてみましょう。 見慣れた光景となってきた自転車通勤。中には、マナーが悪いと感じる場面に遭遇することもあるのではないでしょうか。マナーの問題で済めば良いですが、「ちょっとくらい問題ないだろう」「自動車運転じゃないから処罰はないだろう」と思っていることが、立派な法律違反であるケースがあります。 最近、最も目につく違反で、かつ、危険と思われるのが、スマホや携帯電話の使用です。スマホや携帯電話を使用すれば、ど … 6月1日に道路交通法が改正され、自転車の交通ルールが変わりました。新たな仕組みは「14歳以上の人が、14類型の『危険行為』で3年間に2回摘発されると、3時間の有料講習が義務づけられる」というもの。さっそくネットには「捕まった」「厳しくなった」という声が続々と投稿されています。片耳イヤホンは本当にNGなのか?講習って何を教わるの?警視庁に聞いてみました。 道路交通法では、自転車は軽車両として車と同様に扱われています。ですので、運転ルールも法律できちんと定められています。ルールを破れば取締りの対象になるので注意してください。この記事では自転車の交通ルールの基礎知識をご紹介します。 本記事では、自転車のスマホホルダー、厳しくなっている自転車のルール、自転車保険の加入義務などについてご説明します。, 自転車は手軽に乗ることができて、便利な乗り物です。 年々自転車の取り締まりが厳しくなっています。2015年の6月1日に道路交通法が改正されたことはご存知ですよね。罰則が厳しくなりましたが、どこを気を付ければいいのか、意外と知られていない注意点をまとめました! 5万円以下の罰金 (道路交通法第71条第6号、第120条第1項第9号) 自転車の交通安全. 「自転車は免許もないし、罰金とかないでしょ?」 と思われる方もいるでしょう。 でも残念ながらあるんです。 自転車は、車両(車)扱いなので、違反行為をしてしまうと、 罰金としてお金を支払わなければいけないこともあります。 「でも、片耳にイヤホンつけるくらいなら大丈夫でしょ 他にも、法律違反が目立つケースとして、例えば飲酒運転が挙げられます。自動車の飲酒運転が厳罰されている中、「自転車だから」と考えていると … それを装着するとこんな感じです。耳の上に付けます。 その前に 道路交通法改正で自転車運転中にイヤホンを付けるのは法律違反となったことは有名な話ですが、調べてみるとものすごくグレー(どっちでもとれる)な法律でして、管轄の警察によって見解が全くことなる書き方してます。 自転車を利用する人は、万が一の事故に備えて、自転車保険(個人賠償責任保険など)に加入しておくことが大切です。, 一方で、自動車を運転している際は、自転車に乗っている人の存在は特に気をつけなくてはなりません。, イヤホンをしながら自転車を運転している人は、クラクションを鳴らして注意を促しても聞こえませんし、周りの状況がわからないことが考えられます。, 記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。, ※チューリッヒの自動車保険に関する内容について 路側帯における通行方法違反【法第17条の2第2項】 6. 自転車の移動中に音楽を聴きながら移動したい人は多くイヤホンをしながら自転車で走っている人も見かけます。ただイヤホンは実は違反ではないものの危険行為の範囲として考えられることも。そんな代替手段となる自転車スピーカーの選び方やおすすめの自転車スピーカーをご紹介します。 自転車の法律が6月1日に改正されましたが、イヤホンの取り扱いについては各都道府県ごとに対応は異なっているようです。片耳イヤホンなら問題ないとしている県もありますし、イヤホン自体を禁止しているところもあります。 本記事では、自転車走行時のイヤホン使用に関する法律や罰金、片耳イヤホンの是非、万が一に備える自転車保険などご説明します。, 2019年12月1日の道路交通法改正により、運転中にスマートフォンなどを使用する「ながら運転」が厳罰化されました。 この法律は、自動車やオートバイに限らず、自転車にも適用されています。 最近は、スマホをナビゲーション目的に使用するため、自転車に固定するための「スマホホルダー」「スマホスタンド」をつけて走っている自転車も見かけます。 本記事では、自転車の歩道や車道、自転車専用道路における道路交通法上の走行ルールをわかりやすくご説明します。, 個人賠償責任保険(個人賠償責任補償特約)をご存じですか? 日常生活で他人に対してケガをさせたり、物を壊したりして賠償が発生したときに、賠償金や弁護士費用などの損害を補償する保険です。 6月から自転車の法律が厳しくなり 取締も強化されましたね。. 5万円以下の罰金 (道路交通法第71条第6号、第120条第1項第9号) 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】 4. 通行禁止違反【法第8条第1項】 3. 実際に何が変わったのか チェックしていきましょう!. 自転車も車両なので、夜間は必ずライトをつけましょう。 また、尾灯、反射器のついていない自転車に乗ってはいけません。 周りの車や歩行者に気づいてもらうためにも、スポークや服、靴等にも反射材を … 自転車のイヤホン使用は違反?片耳ならいいの?罰金や条例について. 大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。 2 罰則. 「自転車ではイヤホンが禁止されているけど車で音楽を聴くのはいいの?」と悩んでいませんか?本記事では運転中のイヤホン使用ルールを書いていますのでスッキリするはずです。どうぞご覧ください。... 本記事の目的は「これだけの都道府県で危険と判断されているため自転車でのイヤホン使用をやめてもらいたい」ということです。. クルマを運転中にスマホの操作や通話に関する罰則が2019年12月1日より強化されました。では、イヤホンを使ったハンズフリー通話やカーナビと連動したBluetooth通話は問題ないのでしょうか。また、赤信号で停車中ならながらスマホは違反にならないのでしょうか。 (5) 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。, 大阪府、愛知県、北海道、福岡県など、全国の多くの都道府県でイヤホンの使用は禁止されています。, 都道府県によってイヤホンに関する規定の詳細は異なりますが、多くの地域では同様の罰則があります。, 自分が暮らしている地域では、どのようなルールになっているのか、どのような罰則があるのか、都道府県や県警のウェブサイトを見て確認しておきましょう。, また、耳をふさがずに使用できる骨伝導イヤホンの使用を禁止している県もあります。 自分だけでなく家族も補償の対象となり、少額の保険料で大きな補償が得られるなど、さまざまなメリットがあります。, 自転車は、免許や届出は必要でないこともあり、子どもからお年寄りまで気軽に乗ることができます。通勤や通学だけでなく、健康志向の高まりで、趣味でスポーツバイクに乗っている方も多いのではないでしょうか。, ※ インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら, インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細は. 正解(1)自転車に乗りながらイヤホンで音楽を聴く行為は、法的には正しくない 道路交通法などの法律では自転車走行時のイヤホン装着についての規制はありません。 しかしながら、各都道府県の条例などによって規制があります。 大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。 「自転車のイヤホン使用はダメなの?片耳イヤホンだと大丈夫って聞いたけど。。」 「自転車のイヤホン使用についてどんな法律が決められているの?」 本記事ではこのような疑問に答えます。 自転車運転 … 6月1日に改正された自転車の交通ルール。片耳イヤホンは本当にngなのか? 講習って何を教わるの? 警視庁に聞いてみました。 自転車の安全な利用と自転車事故の防止を図るため、平成29年4月1日 から「福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されます。交通ルールとマナーを守り自転車を安全に利用するとともに、万一に備え自転車損害賠償保険に加入しましょう 結論からになりますが、現時点(2019年7月21日)の 道路交通法 では、 自転車の運転中にイヤホンを使用してはダメ ということは言及されておらず、イヤホンの使用は禁止されていません。 「自転車保険って義務化されているの?」実は自治体ごとにルールが違います。本記事では都道府県別に自転車保険加入の規則を紹介します。どうぞご覧ください。... 「自転車で片耳だけイヤホンを付けるのはOK?違法?」と疑問に思っていませんか?違法かどうかの判断基準は片耳も両耳も同じです。本記事で説明していますのでご覧ください。... 「開放型イヤホンなら自転車を運転しても大丈夫!」 と思っていませんか? どうもこんばんは。”ネロ”です。 2015年の道路交通法改正以降、自転車でのイヤホン使用について何かと話題になっています。 「法律違反なのか?」 「都道府県によって法律違反かどうか違うのか?」 「片耳だったらイヤホンを使ってもO... 自転車に乗りながらイヤホンで音楽を聴くことについて、いろいろなメディアで批判的な話題がずいぶん増えてきました。 自転車でのイヤホン使用の危険性が全国的に広まっていても、なかなかやめられない人も多いんじゃないでしょうか。 イヤホンを付けて自転車を運転することをやめるために有効な方法は、実際に自転車での... 他県と同様「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での運転を禁止」と書かれた山口県道路交通規則の解釈まで公開されている県は珍しいですね。. 自転車保険という名前がついていなくても、自動車保険や火災保険などに付帯しているもの、共済やPTAの保険のように団体加入しているものなどです。, 相手に対する補償でいえば、自動車保険のオプションで「個人賠償責任特約」を付帯していれば、賠償責任を負ったときに補償することが可能です。, 自分が被害者となってケガなどをしたときの補償については、ご契約の自動車保険の内容にもよりますが、オプションで「自転車特約」をつけることができます。, 補償の対象は、主に自分や家族が自転車走行中に転倒してケガをしたり、歩行中に他人が乗っている自転車にぶつかり自分がケガをして入院したりした場合などについてです。, チューリッヒの自動車保険では「個人賠償責任補償特約」と「傷害特約」をご用意しています。, 「個人賠償責任補償特約」では、自転車を運転中に他人にケガをさせてしまった場合などに発生した損害賠償金を補償します。, 「傷害特約」は自転車を運転中など、ご契約者の車に乗っていないとき、本人のみ、夫婦のみ、家族の3タイプから選ぶことができ、ケガの補償をします。, 自転車で転んでケガをしてしまった場合だけでなく、日常生活におけるほぼすべてのケガを補償することができるため、家族全員分加入しておくと安心です。, ご説明してきたとおり、自転車の罰則は厳しくなっています。 島根県の例を見てみましょう。, 島根県では、島根県道路交通法施行細則に、車両等(自転車を含む)の運転者が守らなければならない事項のひとつとして、「高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。」と規定されています。, 片耳でのイヤホン、骨伝導イヤホンについて具体的に明記されていませんが、片耳でのイヤホン使用、骨伝導イヤホンの使用、自転車へのスピーカー設置のいずれの場合も、安全な運転に必要な交通に関する音や声が聞こえる状態を確保しづらいこと、運転に集中することができなくなることが考えられるため、使用形態にかかわらず、イヤホンを使用しないよう警察は指導しています。, また、埼玉県や長野県、岡山県などでも交通規則で具体的に「片耳でのイヤホン」などが明記されていなかったとしても、片耳でのイヤホン使用を禁じています。, 両耳、片耳、骨伝導などを問わず、自転車走行中のイヤホンの使用は、安全運転に必要な音が聞こえなくなるため、禁じられた行為と考えたほうがよいでしょう。, 法律に違反して事故を起こすと、刑事上の責任を問われます。 自転車に積んで運転してよい荷物の重さや大きさには制限があります。 ... イヤホン やヘッドホン ... 道路法(昭和27年法律第180号)第48条の8に規定する自転車専用道路において、その乗車装置に応じ乗車させている場合乗車装置に相当する人数 ; 自転車利用者の増加に伴い、自転車利用者の交通ルール違反やマナーの悪さが原因となる事故も増えています。 自転車も車両です。ルールとマナーをしっかり守って安全に利用しましょう。 道路交通法の一部改正(平成25年12月1日施行) 知っているようで意外と知らないのが、自転車の交通ルールです。 街でよく見かける、自転車に乗りながらイヤホンを使用することは法律に違反しないのでしょうか。 知っているようで意外と知らないのが、自転車の交通ルールです。 自転車の横断の方法 自転車は、自転車横断帯がある場所の付近においては、その自転車横断帯によって道路を横断しなければいけません。 また、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、横断等をしてはいけません。 第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。 自転車に乗るときに、イヤホンやヘッドホン、骨伝導イヤホンなどを使いたいという人のためではなくて、単に事実として知って欲しいので、都道府県ごとにまとめます。まず大前提としてなのですが、自転車に乗るときのイヤホンやヘッドホンに関する規定は、都道 年々自転車の取り締まりが厳しくなっています。2015年の6月1日に道路交通法が改正されたことはご存知ですよね。罰則が厳しくなりましたが、どこを気を付ければいいのか、意外と知られていない注意点をまとめました! 自転車は、道路交通法では軽車両に位置付けられており、「車のなかま」です。 道路を通行するときは、「車」として、交通ルールを遵守するとともに交通マナーを実践するなど安全運転を心掛けましょう。 イヤホン,ヘッドホン等を使用して音楽を聞くなど, 警音器; 緊急自動車のサイレン; 警察官の指示; その他の安全な運転に必要な交通に関する音又は声; を聞くことができないような状態で車両を運転しないこと。(※ 車両には自転車も含まれます。 自転車利用者の増加に伴い、自転車利用者の交通ルール違反やマナーの悪さが原因となる事故も増えています。 自転車も車両です。ルールとマナーをしっかり守って安全に利用しましょう。 道路交通法の一部改正(平成25年12月1日施行) 自転車での加害事故例 2 男性が昼間、信号を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。 女性は頭蓋内損傷等で死亡した。 賠償額:5,438万円(東京地方裁判所 平成19年4月判決) 自転車での加害事故例 本記事では、軽車両の定義とともに、軽車両を利用する際の交通ルールなどについてご説明します。, 知っているようで意外と知らないのが、自転車の交通ルールです。 自転車の交通安全. 自転車は道路交通法上「軽車両」。車両としての義務が. 自転車の移動中に音楽を聴きながら移動したい人は多くイヤホンをしながら自転車で走っている人も見かけます。ただイヤホンは実は違反ではないものの危険行為の範囲として考えられることも。そんな代替手段となる自転車スピーカーの選び方やおすすめの自転車スピーカーをご紹介します。 茨城県道路交通法施行細則第13条第16号には、イヤホン又はヘッドホン(以下この号において「イヤホン等」という。 )を使用して音楽等を聴くなど安全な運転に必要な音又は声が聞こえないような状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。 そのため、イヤホンを使用する事が法律違反とはならないのが現状です。 しかし、警察が事故防止のために指導や警告をすることがあります。 その際に「自転車指導警告カード」というイエローカードを渡されることでしょう。 インイヤーヘッドホンと呼ばれる、耳の中に直接入れるタイプのイヤホンは進化がすさまじい。防水でスポーツしながらでも外れることはないとなると「自転車でも使いたい」と考えるのが自然かもしれない。でも待って欲しい。これを装着して自転車を運転するのは危険なのである。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年の道路交通法改正以降、自転車でのイヤホン使用について何かと話題になっています。, 法律上では禁止されているのか?違法になるのか?疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。, 実は国が定める道路交通法では自転車でイヤホン使用についてハッキリと禁止はされていません。(※2019年2月現在), ただし各都道府県で独自に自転車でのイヤホン使用に関するルールを制定している自治体も数多くあります。, また近年の自転車事故の増加や高額な損害賠償判決を受け、全国の都道府県で自転車保険への加入義務化が進められています。, fa-check-square自転車の保険加入が義務化されている都道府県をまとめました, 全国の都道府県では自転車保険の加入義務化が進められています。あなたがお住まいの都道府県ではどんな規則になっていますか?, 北海道で定められている道路交通法施行細則 第12条 (運転者の遵守事項)により、イヤホンを使用し周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, ポイントは「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと」の部分。, 周囲の音が聴こえない状態ならば両耳イヤホンや片耳イヤホン、開放型イヤホンにかかわらず違反となる可能性があります。, イヤホン禁止の規則違反については北海道や道警のサイトにも罰則がハッキリ明記されていません。, しかし北海道県警の「自転車の主な交通ルール違反の罰則一覧」というページでは以下のように書かれています。, 自転車でのイヤホン使用違反の罰則は、同レベルの違反内容と思われる無灯火と同じ程度と想定されます。, したがって自転車でのイヤホン使用違反の罰則も5万円以下の罰金と同程度と言えるでしょう。, 青森県道路交通規則の中ではヘッドホンを使用し大音量で自転車を運転しないことが明記されています。, 岩手県のホームページ内で「ヘッドフォン等の使用禁止」とわかりやすく紹介されています。, ただし岩手県道路交通法施行細則の解釈・運用の制定についてでは、「片耳だけのものは、周囲の音が全く聞こえないこととはならないことから該当しない」とも述べられています。, 宮城県警が自転車の交通規則について細かくまとめた資料を作成しており、イヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態で運転することを禁止しています。, また傘さし運転や携帯電話の使用など、イヤホン以外の自転車運転ルールも細かく書かれているため参考にして下さい。, 秋田県の道路交通規則では周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, また、秋田県道路交通法施工細則への意見に対する回答では「ヘッドフォンやイヤホンの使用そのものを禁止するのではなく、周囲の音が聞こえないような状態で自転車を運転することを禁止するもの」と述べられているため、イヤホンを使用しただけで違反となる可能性は少ないでしょう。, 福島県の自転車安全利用五則の中で、自転車運転時のヘッドホン使用が禁止されています。, また平成24年の山形県道路交通規則改正案内でも「ヘッドホン・イヤホンの使用禁止」と明言されていました。, 平成25年の茨城県道路交通法施行細則の改正により「安全な運転に必要な音又は声が聞こえないような状態で自転車を運転すること」が禁止されました。, つまりイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態と判断されれば違法となるでしょう。, 平成27年9月より栃木県道路交通法施行細則が一部改正され、大音量で音楽などを聞きながら自転車を運転することが禁止されました。, 「音量を大きくし」の部分がポイントで、”安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態”と判断されれば違反となる可能性があります。, 群馬県の道路交通法施行細則により、大音量でイヤホン使用により安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転が禁止されています。, 細則には「~な状態で車両を運転しないこと」と記載されていますが、法律上は自転車も車両の一部なので該当します。, 埼玉県道路交通法施行細則 では「周りの音が聞こえない状態」での自転車運転を禁止しています。, イヤホン使用を直接的に禁止している訳ではないため周囲の音が聞こえないと判断されれば違法となる可能性があるでしょう。, つまり片耳イヤホンだろうが開放型イヤホンだろうが周りの音が聞こえないと判断されれば違法となるでしょう。, 千葉県の千葉県道路交通法施行細則で「音量を上げ音楽を聴く等安全な運転に必要な音声が聞こえないような状態にしないこと」と記載されています。※「第13編 警察」->「第2節 警ら交通」千葉県道路交通法施行細則をクリックしてください。, しかし、以下サイトでは「周囲の音が聞こえないような音量でヘッドフォンを使用した状態も規制の対象となる」とが記載されています。, 参考:千葉県警察ホームページ千葉県警察「千葉県道路交通法施行細則の一部改正(平成21年7月1日施行)」, 東京都で定められている道路交通規則 第8条 (運転者の遵守事項) により、イヤホンを使用し周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されています。, しかし東京都の自転車安全利用五則では、自転車運転中のイヤホン・ヘッドフォン使用はルール違反であるとイラスト付きで警告しています。, イヤホンを使用して自転車を運転し違反と判断された場合、5万円以下の罰金が科せられます。, 神奈川県警察のサイトによると「関係法令 法第71条第6号、神公規第11条第5号」で自転車でイヤホンを使用し周囲の音が聞こえない状態での運転が禁止されています。, また不意に自転車事故の加害者になり高額賠償が発生することに備え、自転車に乗る人は保険に入っておきましょう。, 新潟県ホームページ「自転車の安全な利用について」ではイヤホンやヘッドホンで音楽などを聴きながらの自転車運転はやめましょうと明記されています。, 安全運転に必要な周囲の音や声が聞こえないと判断されると違反となる可能性があります。, 富山県道路交通法施行細則ではイヤホンなどを使って大音量で周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することを禁止しています。, 安全運転に必要な周囲の音や声が聞こえないと判断されると違反となる可能性があるため注意してください。, 石川県道路交通法施行細則でイヤホンなどを使用して安全運転に必要な周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されています。, 他県と同様安全運転に必要な周囲の音や声が聞こえないと判断されれば違法となりますが、言い回しが簡潔になっています。, 平成23年6月1日より福井県道路交通法施行細則が改正され、自転車でイヤホン使用し周囲の音が聞こえない状態での運転禁止が明記されました。, 参考:福井県道路交通法施行細則の改正http://www.fukui-ankyo.jp/info/sekousaisoku.html, 山梨県道路交通法施行細則の中でイヤホンを使用し安全運転に必要な音が聞こえない状態で車両を運転してはならないと規定されています。, 道路交通法上では「車両」に自転車も含まれますので自転車も対象に含まれますので注意してください。, 長野県警察ホームページ「自転車等運転時のイヤホーン装着について」では、安全運転に必要な音が聞こえない状態での自転車運転を禁止すると注意喚起されています。, 参考:長野県道路交通法施行細則 https://www.pref.nagano.lg.jp/police/koukai/jouhou/koutsu/documents/dokho.pdf, 岐阜県道路交通法施行規則では大音量など周囲の音が聞こえない状態でのイヤホン使用が禁止されています。, 参考:岐阜県自転車安全利用5則 https://www.pref.gifu.lg.jp/police/gifuken-keisatu/ken-keisatsu/keisatsu-sho/tarui-sho/oshirase/zitensya.data/zitensya-gosoku-.pdf, 静岡県道路交通法施行細則第9条第6号でイヤホンなどを使用して周囲の声が聴こえない状態での自転車の運転が禁止されています。, 静岡県自転車安全利用五則では「ヘッドホン等の使用を直ちに禁止するものではありませんが」と書いてあります。, 定められている愛知県道路交通法施行細則 第七条 四項で、イヤホンを使用し周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されています。, 大音量やイヤホンで耳を塞ぎ、安全運転に必要な音が聞こえないと判断されれば違反になる可能性があります。, イヤホンを使用して自転車を運転し違法と判断された場合、5万円以下の罰金が科せられます。, 愛知県の「自転車は安全に利用しましょう」ページでは、愛知県道路交通法施行細則の一部改正により自転車運転中のイヤホン使用に違反したときの罰則は5万円以下の罰金であることが書かれています。, このページでは自転車運転中のイヤホン使用だけでなく携帯電話(スマートフォン)の使用も禁止されています。, 講習の受講命令に違反した場合、つまり命令を無視して講習を受けなかった場合には5万円以下の罰金を支払わなければいけません。, 三重県道路交通法施行細則でイヤホンなどを使用し周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されています。, http://www3.e-reikinet.jp/mie-ken/d1w_reiki/mokuji_bunya.html※「第12編 警察、消防」 ->「第7節 警ら交通」 三重県道路交通法施行細則をクリック。, 滋賀県交通法施行細則では、イヤホンを使用し周囲の音が聞こえない状態での車両運転が禁止されています。, 道路交通法上では自転車も車両に含まれますので、自転車でのイヤホンも対象に含まれます。, 平成25年から京都府道路交通法施行細則で、安全運転に必要な音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されました。, 大阪府自転車条例ルールブックではイヤホン使用などで安全運転に必要な音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, ”音量にかかわらず安全運転の義務に違反する可能性がある”と記載されているため、「小さい音量なら大丈夫」と一概には言えません。, 兵庫県道路交通法施行細則 第9条第1項12号 では、イヤホンなどを使用し安全運転に必要な音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されています。, またブレーキの無い自転車の運転禁止、傘さし運転、携帯電話を使用しながらの運転も禁止されています。, 参考:兵庫県「自転車ハンドブック」 https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk15/documents/handobukkukoukou.pdf, 奈良県「自転車の交通安全」では携帯電話やヘッドホンの使用は5万円以下の罰金と紹介されています。, ただし奈良県道路交通法施行細則では、イヤホン使用などで周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止と書かれています。, 和歌山県道路交通法施行細則で自転車でのヘッドフォン使用などにより安全運転に必要な音が聞こえない状態で運転することが禁止されています。, 「車両」と書かれていますが道路交通法上は自転車も車両に含まれますので、自転車でのヘッドフォンも適用対象です。, 鳥取県道路交通法施行細則でイヤホン使用などにより安全運転に必要な音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, 参考:鳥取県警察「自転車安全利用五則」https://www.pref.tottori.lg.jp/74479.htm, 島根県道路交通法施行細則で自転車でのイヤホン使用により安全運転に必要な音が聞こえない状態となることが禁止されています。, http://krm101.legal-square.com/HAS-Shohin/page/SJSrbLogin.jsf※島根県令規全集検索システムより「道路交通法」で検索し、島根県道路交通法施行細則をクリックしてください。, 岡山県警察のサイトQ&Aのなかで、自転車でのイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態は違反であることが記載されています。, 周囲の音が聞こえないのであれば片耳イヤホンでも両耳でも違反になると明記されています。, 参考:岡山県警察「自転車Q&A①」http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/433059_2873261_misc.pdf, 平成27年より広島県道路交通法施行細則が改正され、自転車でのイヤホン使用により警察や緊急車両のサイレンなどが聞こえない状態で運転することが禁止されました。, 参考:広島県警察「自転車交通ルール|改正について」https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/jitensya-rule.html#%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3%E7%AD%89%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2, 山口県警察の自転車利用Q&Aのなかで自転車でのイヤホン使用が違反になる可能性があることが記載されています。, 参考:山口県警察「自転車安全利用Q&A」http://www.police.pref.yamaguchi.jp/files/300239949.pdf, 上記では直接的にイヤホン使用は禁止されていませんが、イヤホン使用は安全運転に必要な音が聞こえない状態と判断され禁止されるものと書かれています。, 徳島県警察の自転車交通ルールサイトでは自転車でのイヤホン使用が禁止されていると記載されています。, ただし徳島県道路交通法施工細則では周囲の音が聞こえない状態での運転を禁止と書かれています。, 香川県道路交通法施行細則で自転車のイヤホン使用など周囲の音が聞こえない状態での運転が禁止されています。, 愛媛県道路交通法施行細則ではイヤホン使用(大音量)で周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, 「車両等を運転しないこと」と書かれていますが、道路交通法上は自転車も車両に含まれますので自転車でのイヤホン使用もNGです。, 参考:愛媛県道路交通法施行細則https://www.police.pref.ehime.jp/kitei/reiki_honbun/u227RG00000519.html, 高知県警の自転車の交通事故発生状況と主なルールを紹介しているページで、自転車でのイヤホン使用が禁止されていることが記載されています。, 参考:高知県道路交通法施行細則http://www.reikisyuutou.pref.kochi.lg.jp/reiki/JoureiV5HTMLContents/act/content/content110001943.htm, 福岡県では平成29年より福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例では、自転車で大音量でイヤホンを聞き周囲の音が聞こえない状態での運転が禁止されています。, 参考:福岡県「福岡県自転車条例について」http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jitensha-jourei.html, 参考:福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/28196.pdf, 佐賀県道路交通法施行細則には必要な音が聞こえない状態での運転は禁止されていますが、”イヤホン”という言葉は明記されていません。, 平成25年より長崎県道路交通法施行細則が改正され、イヤホンなどで周囲の音が聞こえない状態での自転車運転が禁止されました。, 参考:長崎県道路交通法施行細則が改正されましたhttp://nagasaki-ankan.sakura.ne.jp/dourokoutsuuhoukaisei.pdf, 熊本県道路交通法施行細則では自転車でのイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態での運転が禁止されています。, 参考:熊本県道路交通法施行細則http://www1.g-reiki.net/kumamoto/act/print/print110001243.htm, 大分県道路交通法施行細則で自転車でのイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態で運転すること禁止されています。, 「車両を運転しないこと」と書かれていますが、道路交通法上は自転車も車両に含まれますので自転車でのイヤホン使用もNGです。, 参考:大分県道路交通法施行細則http://krq501.legal-square.com/HAS-Shohin/page/SJSrbLogin.jsf, ※大分県令規全集検索システムより「道路交通法」で検索し、大分県道路交通法施行細則をクリックしてください。, 宮崎県道路交通法施行細則ではイヤホンなどにより大音量で周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されています。, 参考:宮崎県道路交通法施行細則https://www.pref.miyazaki.lg.jp/police/reiki/33593010000800000000/33593010000800000000/33593010000800000000.html, 鹿児島県道路交通法施行細則が改正され、自転車でのイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態で自転車を運転することが禁止されました。, 「車両」という言葉で説明されていますが車両には”自転車も含む”とハッキリと明記されています。, 沖縄県警のQ&A資料には、自転車でのイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態で運転しないことが書かれています。, ”両耳、片耳問わず”としっかり書かれており、片耳イヤホンでも違反になることがあります。, 参考:沖縄県警察「自転車利用Q&A」http://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2015062200044/files/jitensya_q_and_a.pdf, こうやってまとめてみると、ほぼ全ての都道府県で自転車でのイヤホン使用について規則が定められています。, 多くの自治体ではイヤホン使用そのものよりも、”自転車運転時のイヤホン使用により周囲の音が聞こえない状態となること”を違法とすると書かれていました。, これだけの都道府県で罰則化されているということは自転車でのイヤホン使用がとても危険と認識されている証拠。, 「法律や条例で禁止されているから」 ではなく自分や他人の安全のために自転車でのイヤホン使用はやめましょう。, 全国の都道府県では自転車保険の加入義務化が進められていて、加入義務化となった一部の都道府県では保険も案内しています。 自転車保険とはどんなものか?選ぶ際の注意点と都道府県でも案内されているおすすめ保険を、ユーザが必要な保険ごとに紹介しています。. 自転車でサイクリングをしているとき「お気に入りの音楽を聞きながらライドしたい」という夢を叶えるのが骨伝導イヤホンです。. 2017年に行われた道路交通法改正により、自転車の交通違反に対する取締りが強化されました。以下の違反で3年間の内に2回以上摘発された運転者は、公安委員会による安全運転講習(費用:5,700円、講習:3時間)を受けなければいけません。 1. 2015年6月1日から、改正道路交通法が一部施行され、自転車の交通ルール違反の罰則が強化されることになりました。14歳以上の全ての自転車運転者を対象に、悪質な自転車の運転者に対しては、安全講習の受講が義務付けられます。 違反キップの対象となる”危険運転14項目”は以下の通りです。 イヤホン,ヘッドホン等を使用して音楽を聞くなど, 警音器; 緊急自動車のサイレン; 警察官の指示; その他の安全な運転に必要な交通に関する音又は声; を聞くことができないような状態で車両を運転しないこと。(※ 車両には自転車も含まれます。 大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。 2 罰則. 今まで普通にやってきた事も これからは呼び止められて指導されるので 十分に注意したほうが良さそうです。. この項目に対しては、改正案に賛成の立場から 1. 相手を死傷させた場合は、民事上の損害賠償も発生します。, 自転車事故でも被害の大きさによっては、数千万円もの賠償金を支払わなくてはならない場合があります。 法律問題になると人によって解釈が変わってくるということがよく分かりました。 今日、警察官の方に確認してみたところ、イヤホンの装着自体法的には問題ないが、常識的に危ないので取締はしていると … この賠償責任は、未成年といえども免れることはできず、監督義務のある親が支払義務を負うことになります。, 東京都大田区で2018年5月、通勤中イヤホンをしたまま自転車に乗り交差点に進入し、走行してきた自動車と接触。急ハンドルをきった自動車にはねられた女性が意識不明の重体となった事故で、イヤホンを付けたまま交差点に入ったことで事故が起きたとして自転車を運転していた男を重過失致傷容疑で書類送検, 千葉市の路上で2015年6月、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を運転中、歩行者の女性(当時77歳)をはねて死なせたとして、重過失致死罪に問われた大学2年の男子学生(20)に、禁錮2年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年6月)の有罪判決(千葉地裁2016年2月23日), 自転車事故を起こすと、自分が死傷するリスクがあるのはもちろん、相手を死傷させ、高額な賠償責任を負うことがあります。, 自転車事故への備えと被害者救済のために、自転車保険の加入を義務化する自治体が増えています。, 自転車事故には、被害者になる場合と加害者になる場合がありますが、義務化の対象は「自転車の損害賠償保険」です。, 事故を起こして加害者になってしまったときに、被害者に補償できる保険への加入(個人賠償責任保険)です。, 自転車保険にはさまざまな種類があり、気がつかないうちに既に加入している場合があります。

フランス 五大 国 なぜ, アラナ マスターソン 子供, 美容院代 平均 大学生, Dji Pocket 2 ワイヤレスマイク, Regza アンテナケーブル 付属, 冬 カップル旅行 大学生, Wifi タダ乗り キチ, 西友 おすすめ 2020,